おすすめです!タイル仕上げの床暖房

181130-4

神奈川・東京のタイル工事ならお任せください!

綜研の山口です。

 

もう12月、寒い冬がまたやってきましたね。
寒いのは嫌だけど、冬ならではの楽しみを見つけられると
寒い冬も好きになってきますね。
スノボとか鍋とか温泉なんかもいいですよねえ〜(^^♪

家の中の寒さ対策としていろいろな暖房器具があり
ますが、今回は床暖房タイル仕上げのご紹介です。

床暖房といえばフローリングを思い浮かべる方が多いと
思いますが、タイル仕上げの床でも床暖房を入れることが
可能なんです!

これが結構オススメでございまして、
タイルの床というと裸足で歩くと冷んやりするイメージ
ですが、実は床暖房に向いてる素材なんですよね。

その理由は…

1.熱伝導率の高さ
2.蓄熱効果の高さ
3.高い意匠性と機能性

この3点です!

まず『熱伝導率』
難しい言葉ですがタイルという素材はなんと木材の10倍
ほど熱伝導率
が高い、つまり熱が伝わるのが早いという
ことなんです。熱による素材の膨張も少ないので安心して
お使いいただけると思います。

181130-1

次に『蓄熱効果』
こちらも大変優れていて木材の2倍程度の蓄熱効果がある
ようです!
タイル陶器、焼き物なので土鍋などをイメージしてもらう
と分かりやすいと思いますが、熱を蓄えてくれるんですね!

181130-2

あとはもちろんタイルなので『意匠性、機能性』にも
とっても優れています。 つまり、見た目オシャレで
万が一汚れても掃除が比較的しやすいということです!
タイル自体には滅多にシミも付きませんし、とっても硬い
のでキズも付きにくい物が多いのです!

181130-4

181130-3

181130-5

 

ぜひ、ご自宅のリビングやキッチン・ダイニング・
洗面室・トイレなどに検討してみてくださいね!
とってもあったか〜く快適な冬が過ごせること間違い
なしです!

※ちなみに、全てのタイルが床暖房に使えるわけでは
ないのでご注意ください。
何事も向き、不向きがありますからね!

©2019 SOUKEN Co., Ltd.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?