『フルハーネス型安全帯使用作業特別教育』を実施しました。

20190219-3

神奈川・東京のタイル工事ならお任せください!
綜研の板垣です。

 

今回は、先日行った
「墜落制止用器具フルハーネス型特別教育」
についてご紹介します!

 

…とその前に。
皆さんは『安全帯』をご存知でしょうか?

安全帯とは、高所での作業に用いる、 いわば
命綱のような業務器具です。
長年の間、作業現場を支え、私たちにとって
必要不可欠な存在でもありました。

しかし、法律の見直しが行われ、安全帯に代わる
新たな器具が注目を浴びるようになりました。

それが「墜落制止用器具フルハーネス型」です!

20190219-9

↑↑イラストの左側が「フルハーネス型」です↑↑

段階的に現行の安全帯は着用・販売が禁止され、
フルハーネス型安全帯に完全移行する予定です。

 

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、
フルハーネス型への移行に向け、 先日、講師を
招いてフルハーネスの特別教育を実施しました。

 

テキストでの座学だけでなく

20190219-5

正しい装着方法なども学びました。

20190219-4

20190219-1

私たちにとって次のパートナーとなるであろう
フルハーネスについて深く知ることができました。
また、ショックアブソーバーの寿命やベルト自体の
寿命など、自分達が見落としがちなところまで 詳しく
教えていただきました。

何よりも安全が大切ですから、
学んだことを全員でしっかり実践していきます!

 

現場作業をされる方にとって安全帯は自分の命を守る
大切な物です。

ぜひ、同業の皆様にも墜落制止用器具フルハーネス型
安全帯の特別教育を受けて正しい使用方法の理解を
深めてもらえればと思います。

©2019 SOUKEN Co., Ltd.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?