タイルの引張試験

20191119-3

神奈川・東京のタイル工事ならお任せください!
綜研の三浦です。

今回は
『モルタル張り45二丁掛タイルの引張試験』
をご紹介します。

タイルの接着の強さを測定するため、
新築マンションやマンション改修工事において
施工後2週間以上経過したタイルに対して
行う試験です。

壁面に対して垂直方向にタイルを引っ張って
接着の強さを測定し、
100平米以下ごとに一箇所、全体で3箇所以上
試験を行います。

引っ張る場所はあらかじめ監理者と決めておき、
試験機は油圧式の機械を使用します。

 

強力な接着剤でアタッチメント取付を行い十分
固まってから(2時間ほど)試験開始となります。

20191119-1

タイルにどれだけの負荷を掛けたら取れるかを試験します。
今回はデジタル画面に4579pNと数字が出てます。

20191119-2
この数値をタイルの面積で割ります。
タイルのサイズは45mm×95mmなので、
4579pN÷4275=1.07N/㎟
となる訳です。

合格基準は
0.4ニュートン/平方ミリ以上
ですのでこれは合格となります。

 

また、タイルのどこで剥がれているかも確認します。

20191119-4
このように試験を行い、新たに張り付けたタイルでも
確かな品質を確保し剥落防止に務めています。

©2020 SOUKEN Co., Ltd.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?